【コストコ】CAFFITALY 140pk カフィタリー ネスプレッソ互換カプセル

コストコ

廉価カプセル買ってみました 比較あり

リモートワークでコーヒーの消費が加速しています。

ネスプレッソ純正のカプセルが約100円に対してこちらは約20円…それってちゃんとおいしいの?!と疑問があったので、物は試しとカートインです。

ちゃんと計算したら1カプセル21.4円です。

SOAVE 中南米、アフリカ アラビカ 6箱 60個

VIVACE 南米 アラビカ、インド ロブスタ 4箱 40個

DECISO インド ロブスタ 南米 アラビカ 4箱 40個

いずれも中挽です、期限は購入時から1年と数か月というところでしょうか。140回分、一か月30日の一日いっぱいで4か月半なので、余裕ですね。たまに飲まない日があっても消費しきれます。

とはいえコーヒーは鮮度が大切なので、惜しまず消費すべきですね。これなら一日5回出しても100円です。自分はエスプレッソカプセルを薄めてアメリカンにするとか、もはや最初からルンゴサイズでいれちゃってます。

メーカーはCAFFITALY、自社でマシンも出しています。

ネスプレッソマシンメーカー、カプセルコーヒーメーカーとしては、その先駆け的ポジションにもあり、シェアも販売実績も一流です。有名ブランドOEMも手掛けています。

日本ではほとんど聞かないブランド名ですが、信頼のおける製品でしょう。

公式サイトではCAFEITALY SYSTEMとなっていますね?何が違うんでしょう。なんとなく高級そうな気がします。

まぁいいやということで開封の儀。

10個入りが14箱並んでいます。

SOAVEが20個多いです、ネスプレッソでもベージュのやつはスタンダードというかベーシックな味なんでそのイメージ?

アルミが少しふかっとしたタイプ。

比べてみました。

右から

ネスプレッソ純正カプセル、中央がカフェロイヤル、左がカフィタリーです。

純正カプセルが一番丈夫そうな見た目ですし、触ってみても硬いですね。

マシン挿入時のひっかかりが、カフェロイヤルはかなり気になりましたがカフィタリーは比較的つまりにくい印象です。

純正カプセルを使うのが一番いいんでしょうけどやっぱり高いんで特別な時、スペシャルな一杯です。

お尻側はこんな感じ。

カフェロイヤルがパーツ感強め。廉価カプセルはプラっぽい質感ですね。

ネスプレッソのクレームブリュレだかなんだかのカプセルです。バニラ風味。

さてさて、飲み比べてみると、やはりネスプレッソはうまい。

さすが純正、値段が高いだけありますね。香り立ち、後味、すべてにおいて高得点です。

カフィタリーとカフェロイヤルなら、いっそカフィタリーでいいという印象です。

カフェロイヤルは70円ぐらいだったと思うので、バカバカあける用のカフィタリー、たまに贅沢のネスプレッソがいいかなと。

カフェロイヤルはネスプレッソには及ばないものの、普通に飲んでおいしい部類です、ゆえにある意味中途半端というか。

カフィタリーは淹れて時間がたったときにヤバい。値段なり!って思います。

酸化が早い、味の変化がかなりわかりやすい。こうなるとストレートで飲むのはきついのでミルクでごまかします。

おいしくできたインスタントといえばそのくらいかもしれませんが、機械で圧かけて出す分は確実においしいし、香りが広がります。あと、粉をスプーンですくうなりしてお湯で解くより、機械からヴぁー出した方が楽よ。

在宅勤務でバカスカあけちゃうんで、ネスプレッソの間にお安めな互換カプセル挟むことそれだけで相当なコスト減可能!というわけでこれは自分的にはおすすめ商品です。

お口に合わないときはラテしちゃってください>< おいしい!というより、安い!便利!な類の商品でした。

3種淹れた画像とればよかったぜ…また更新します。

いろんな互換カプセルを今後も取り扱ってほしいです、主に安いやつで笑





比べてみました

左がネスプレッソ純正カプセルです。

左を先に抽出しています。この通り、見た目はほぼ遜色ありません、ほんの少し純正カプセルの方がクレマがしっかりとしています。

香立ちは純正の方がよい印象です、さすがにね。でもこれってお好みの範疇かしらって思うところもあるのよ。

改めて、自分用普段カプセルはお安めの互換品で十分のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました