いちご狩り @下妻 大地農園 ★きずいちご買えました と伝説の角煮

外出

いちご狩りに行ってきました!

茨城県下妻市にある、同業法人大地さんが運営しているいちご狩りに行ってきました。

下妻市は茨城県西部に位置しています。農業や畜産が盛んです。もちろん、あの下妻物語の舞台になっています。

アクセスは車必須かなぁ、しいていえば常総線?

下妻のジャスコ(言い方)もそう遠くはないけど、それはあくまで車で移動した場合の話であって。

オープン前に到着

看板が掲げられているものの、ひとけがない。10時オープンで9時半に到着。

受付中とは書いてあるが、それらしき場所、人はなし。
子供たちが時間をつぶせるように配慮してあった、感謝!

だんだん人が集まってきたので自然と京成される行列に並び、前の人に話しかけてみた。

奥のシャッターがいちご狩りのみ、手前のシャッターがいちご狩りおよび販売商品を購入する人のための列のようだ。

その方いわく、普段は駐車場の方まで行列が続いてしまうこともあるそうで、9時ごろに来ても並ぶこともあるとか。きずいちごは秒で完売してしまうほどの人気らしい。きずいちごは加工用として販売されているが、その方はそのまま召し上がってしまうとのこと。膨らむ期待。

静かな朝。

オープン

シャッターの向こうは意外にこじんまりとしていた。

お買い物形式というよりは、丸亀製麺形式で、欲しいものを取りながらお会計に向かっていくスタイル。

手前にトマトが並んでおり、通常の販売用いちご、一番奥にきずいちごと並んでいた。

きずいちごは凡そ4パック分で500円と激安であった。

友人と半分こし、さらに小腹を満たした後でもこんなにある。

トマトを手に取っている人はそう多くないように見えたが、おすすめだ。パリッとしてみずみずしく、新鮮さが感じられたし、癖がなく食べやすいうえ、何より基本的にトマトは体にいいものだからだ。

買ったものはいちご狩りをしている間、倉庫で預かってもらえる。いちご狩りをしてから買おうとしていると売り切れてしまうのでお土産を買って帰りたい場合は先に済ませてしまおう。

購入品といちご狩りを同時にお会計。公式ホームページにクーポンが載っているのでぜひ探してみてほしい。

いちご!いちご!いちご!

その日の品種は3種類あった。

とちおとめ、あまおとめ、さちのか。

①とちおとめ

いつもスーパーで買ってるやつが食べ放題だぜ。あまおとめと比べると野菜感が出てしまった。

甘さ ★★★★☆

酸味 ★★☆☆☆

食感 さっくりめ

②あまおとめ

とちおとめとさがほのかかから、2000年代に生まれた品種。これはおいしい!柔らかく、赤く熟した実がたくさん!

甘さ ★★★★★

酸味 ★☆☆☆☆

食感 やわらかめ

③さちのか

とちおとめとあまおとめを食べたあたりで子供たちが飽きてきてしまった。ゆっくり味わって食べられなかったが、あまおとめのほうが好きです。

品種感を行き来できるので、食べ比べも容易。

受付が終わったらこの辺に集合して案内を待つ。
オレンジの旗があまおとめ
合体いちご!おいしかったです!
駐車場横にキッチンカー。

きずいちごのジャム

瓶は使いまわし

きずイチゴでジャムを作りました、せっかくなのでほとんど原形のまま。煮てしまえば、少しぶちゃいくちゃんでも気にならなくなった。というか、全然わからない。

こんな感じで個性的な子が集まっている

伝説の角煮

車で5分ぐらいの場所にある ぶぅーぶぅー もぜひお土産に!

名物は八角が効いた、よーく味のしみた、余計な脂の落ちたおいしい角煮です。ほかに豚肉加工品を各種取り扱っており、ソーセージやベーコンもそろっています。

一押しは煮豚足!写真をとるまえに間食してしまった。

イオンモール下妻すぐそば

お客の出入りが絶えない、直前の道が少し狭いので注意。

カメダコーヒー

あきらかにコメダのパロディである。いや、インスパイア?オマージュ?

こちらもイオンモール下妻近く。名称からロゴから店舗外装、内装、これってもしたあれなんじゃと思わせる感が強い。でも決してコメダではない。というか名前のかすり方がやばい。うける。

しかし、豪華すぎるキッズスペースが無料で使えるので、休憩にどうぞ。

さくらあんとつぶあん、抹茶ソース、さくらソース、バニラアイス、ホイップ、粉糖。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました