憧れのお茶屋さん 2 ティーポンド

ティーポンド @ 清澄白河

裏口的な側も道路に面していた。画像は正面入り口。

TEAPONDさまといえばオシャレデザイン。店舗も、まるで異国、異世界。ティーポンドの世界観を表現しています。

清澄白河は閑静な住宅街という感じで、大通りこそ車通りもありフィスビルもありましたが、一歩入ると静かで品のある住みやすそうな場所でした。下町の空気も漂う町のなかで、都会的なのにノスタルジーなティーポンドさんはちょっぴりの異彩を放ちつつ、ずっと昔からそこにあったかのように、佇んでいました。

店内はそう広くありません。しかし、たくさんの種類の紅茶、ハーブ茶、フルーツ茶がジャンルごとにまとめて陳列されていますので、濃厚な空間です。実際の面積以上の空間感があります。

店舗入って右手にはストレーナーやポッドなどティーにかかわるグッズがありました。

フルーツティーは左奥にありました。このシリーズは女子にはたまらない、といった感じです。まずはかわいいこと、バリエーションがあること、イメージとテーマをわかりやすく確立していること、そして美容効果。男性でも気兼ねなく入れる雰囲気ですので、オトナ女子へのちょいギフトに悩んだオトナ男子のみなさん、ぜひティーポンドも候補にいれてみてください

そして振り返って、入り口から見て右側に戻ります。ルイボスベースを含め、フレーバーティーが並んでいます。ここにシーズンのデザイン缶の見本も並んでいます。プラスアルファ料金ですが缶の変更ができるのです。

さらに店舗奥がこだわりのノンフレーバー、シングルオリジンなど。アウルブレンドもここにありました!

ティーバッグタイプも販売しています。少量入りで数百円のタイプがあったのでこれは複数人に配る目的にちょうど良さそう。パッケージにもティーポンドらしいプリント。フレーバーごとに絵が違う。かわいすぎないのが素敵です。

アウルブレンド

お店のオリジナルブレンドを買ってきました。

中蓋!いいね!
ビニールに入っていました

これはコスパがいいのでは?

プライス対テイストっていうところももちろんなんですけど、これが常備できたらすっごくいいんじゃないのって思うんです。

クセがないのに、グリーンな香りと刺激をしっかり持っています。飲みやすいのにちゃんとイイ紅茶してる。例えば誰か家に来て、コーヒーより紅茶であることは知っているけど、それ以上の好みがわからないときに、これを一杯目として出すことができたらいいよねって思うんです。だからか、食事とかおやつの時間にどれがいいか決めかねたとき、なんとなく手が伸びてしまうんです。

茶葉も大きくて高級感がありあす。でも短時間でしっかり色が出ますね、放置しちゃうと刺激が強めに出てくる印象です。や、それは自分が濃い目好きだからか。

ティーポンドさんは福缶がとにかく激戦であることで知られています。

気になった人は ティーポンド 紅茶の日 などで調べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました